愛媛県松山市|建築設計|ZOYA Design Officeは、新築やリフォーム時のデザイン設計・施工を通して、家づくりをお手伝いいたします。

愛媛県松山市|建築設計|家づくり|ZOYA Design Office
愛媛県松山市|建築設計|家づくり|個人情報の取扱いについて

TOP WORKS PROFILE FLOW MESSAGE Q&A BLOG FACEBOOK CONATCT

愛媛県松山市|建築設計|家づくり|宮内の思い

Q: 土地が決まってないのですが、相談にのってくれますか?

土地の条件をお教え頂ければ、一緒にお探しいたします。逆に、土地を含めて相談頂いた方が、総予算のバランスをなど、アドバイスさせて頂けることも多いと思います。また、土地には様々な条件があり、お客様が思い描いている家が建てられない場合があることもありますので、お気軽にご相談ください。

Q: ハウスメーカーなどとの違いは何ですか?

 

ハウスメーカーの住宅というものは大半がシリーズ化若しくは、決まった規格、素材等の仕様によりある程度画一化された住宅になってしまいます。

建築家の家は、規格というものが一切ありません。本当の意味での自由設計となります。デザインや形がいくら複雑になったとしても、それにかかる材料費と手間賃が足されるだけで、それ以上のコストアップにはなりません。ただし、設計の段階に時間をかけてお客様とのミーティングを重ねる必要があり、ご依頼を請けてから完成までに早くて1年前後はかかります。


コスト面については、大量に住宅を売ることが前提のハウスメーカーは、テレビCMやチラシにかかる宣伝広告費や販売促進費、展示場の建設、維持費用、営業マンの人件費などが実際の住宅コストに大きく上乗せされるかたちとなってしまいますのでどうしても割高になってしまいます。

一方通常の建築家(設計事務所)の場合は、設計監理のみの業務のために工事請負代金の10〜15%設計料が必要になります。また施工管理は一括して施工会社が請け負う為、そこでも必要経費は発生してしまいます。

 

そこで弊社では、今までの経験を生かし設計監理と施工管理業務を一貫して行うことにより従来の請負形態では必要になる経費の削減に努め、デザインや素材、材料など住宅そのものにコストにかけたいと考えています。





Q: 設計監理業務のみの依頼でも構いませんか?

もちろんです。
但し、設計のみのご依頼の場合には、建物工事金額の10〜15%(規模、構造等により変動します。)の設計料が必要になります。 構造計算が必要な場合は別途費用が設計料の20%程度必要とお考え下さい。
最低設計監理料は180万円とさせて頂いております。

Q: 低予算でも、大丈夫ですか?

まずは、お客様のご要望を加味し、総予算がオーバーしないような費用配分のご提案をさせて頂いております。
本体工事、オプション工事、付帯工事などと費用を分けた考え方ではなく、必要な工事費(解体工事・地盤調査費用・外構工事費用・空調・造作家具等)を、予算の中に含めたご提案を基本とさせていただいております。
お客様のご要望をすべて実現できない場合もございますが、まずは、ご相談ください。

Q: プランが気に入らなかったら?

基本設計の段階であれば、プランをやり直すことが可能です。ご納得頂けるまでご相談ください。

Q: 施工管理を知り合いの業者にお願いすることは可能ですか?

もちろん可能です。ただ、施工会社がお知り合いの場合には、弊社とは設計監理業務のみのご契約となりますので、設計・設計監理料を頂くことになります。
またお知り合いの業者が専門業者の場合は(大工さん、水道会社、左官やさん等)でしたら、相見積りや依頼をすることが可能です。

Q: アフターメンテナンスなどはしてもらえますか?

もちろんです。
修繕や補修といったメンテナンスに関しては、実際に施工を行った業者と連携して、責任範疇を明確にし、なるべくお客様への負担が少なくなるように対応致します。
その他、無垢材の床をどのように手入れすればいいのか?など、お客様自身で出来るメンテナンスについては、自然素材のメリット&デメリットをしっかりと伝え、お手入れ方法をレクチャーさせて頂いております。

※2009年10月竣工以降の住宅については、住宅瑕疵担保履行法がすべての案件に対して義務付けられるようになりました。 これによって、住宅の基本的な構造性能及び防水性能について10年間保証を受けることができます。

愛媛県松山市|建築設計|家づくり|PAGETOP